メニュー
トップ  >  ほたてあれこれ  >  冷凍ほたてのできるまで

ほたてあれこれ

 

   ほたての採れるまで      冷凍ほたての
   できるまで
     ほたて研究

 

冷凍ほたて貝柱のできるまで

 

  口をパクパクさせている鮮度の良いほたて貝を殻からはずします。

 

 

  貝柱に付着している雑物を取り除きます。
これを”トリミング”と言います。

 

 

  ”滅菌海水”で、貝柱をきれいに洗います。ひとつ ひとつの貝柱がきちんと冷凍されるよう、丁寧にならべます。

 

 

トンネルフリーザー   ”トンネルフリーザー”20分の急速冷凍をします。その温度はマイナス40度!

 

 

選別   トンネルフリーザーからで出てきたほたては、大きさによって選別されます

 

 

包装   きれいに包装して、できあがりです。
商品が出来るまで、わずか30分程度。殺菌洗浄まで滅菌海水を使用しているのでドリップ(解凍したときの貝柱からでる水)がほどんどなく、鮮ほたてのようなコリコリとした食感を味わえます。

 

 

 

安全性や衛生面はどうなっているの?

 

HACCP(ハサップ)

 

※HACCP(ハサップ)とは?

HACCPは、Hazard Analysis and Critical Control Point の略称で、日本語では 「 危害分析重要管理点方式 」 と訳されます。
食品衛生上の危害の発生を防止するために、食品衛生管理手法の導入が積極的に行われています。

猿払村漁協の冷凍工場も、HACCPの認定を受け、すべての製造工程を管理することで、信頼性の高い安全な製品を提供しています。

 

 

プリンタ用画面
前
ほたての採れるまで
カテゴリートップ
ほたてあれこれ
次
ほたての採れるまで
Copyright © 2005-2008 さるふつホタテ便.net