猿払村ってどんなところ?

 

   さるふつの紹介      くみあいの歴史      交通アクセス

 

 

さるふつの紹介 日本最北端の村
本村は「日本最北端の村」として北海道の最北部にあたる宗谷管内に位置し、人口約3,000人、面積は585.65Km2と「北海道一広い村」です。
総面積の約80%が山林と原野で占められ、主として丘陵性山地で、集落は役場所在地の鬼志別を中心に大小11の集落が散在し、産業は有数の生産性を誇る「ほたて漁」と国内有数と言われる「酪農」を基幹産業とし、食糧基地の役割を担っています。
北緯4519

 

 

さるふつの自然 北海道実感
猿払村は北緯45度02´55´´〜45度20´50´´〜
カナダのモントリオールとほぼ同じ位置にあります。
気候は低温・東風・流氷等の厳しい条件下にあり、気温は一年を通して平均4.4度と比較的低く、夏期高温期間は短いのですが、時には30度近くまで上がることもあります。
但し、朝晩気温は下がるのでご注意を。
9月に入ると肌寒さがしだいに強くなって来ますのでセーターは必要です。冬は、どこの建物内も暖かいので、着ぶくれ旅行は不要です。但し、手足・耳の保温だけはしっかりと、道路はアイスバーンですので滑らない防寒靴を。
マイカーの人は、安全運転で快適ドライブをお楽しみください。
冬の期間は南極のブリザードを思わせる日が多く、北海道最北の厳寒を体験するのも、ちょっと変わった楽しみ方のひとつです。

 

猿払村営牧場
 
白鳥達の楽園 ポロ沼
 
流氷
猿払村営牧場
白鳥達の楽園ポロ沼
流氷
 
乳牛7,000頭、年間乳産量23,000t。牛たちは、広大な原野にのびのびと生きている。   国道からすぐ見えるところにあり、夕景が最高。白鳥たちは故郷へ帰る途中に、しばらくの間、疲れを癒していく。   長い冬。オホーツクの海には北風と共に流氷が押し寄せる。

 

 

さるふつの観光 北の季節と遊ぶ
猿払村はほたての水揚げ日本全国一を誇り、タラバガニや毛ガニそしてメジカ鮭などと北海の豪快な味覚をたっぷりと堪能させてくれます。そのほかにも、恵まれた大地から山の幸や酪農製品も豊富で、その味覚と雄大な風景に訪れた人々は感嘆の声をあげることでしょう。

 

さるふつ観光まつり
 
さるふつ秋の味
大即売会
 
さるふつ公園
さるふつ観光まつり
さるふつ秋の味フェスティバル
さるふつ公園
 
毎年3万人以上の観光客でにぎわいます。(7月第3土・日曜日)   マスのつかみどりイベントや、とれたての海の幸、山の幸を格安で販売しています。(10月第1日曜日)   パークゴルフ場・公衆浴場など、家族で楽しめる施設がいっぱい。

 

 

 

■さるふつ公園内施設

道の駅
(01635)2-2311

休館日 年末・年始
利用時間 9時〜17時
キャンプ場あり

公衆浴場憩いの湯
(01635)2-2180

営業時間
4〜10月(10:00〜22:00)
11〜3月(13:00〜20:00)
入館料 300円(中学生以上)

パークゴルフ場
(01635)2-2311
18ホール×2(36ホール)
5月から10月(9時〜17時)
施設利用費 300円
用具貸出 100円

 

■宿泊施設

ホテルさるふつ”ふるさとの家”
(さるふつ公園内)
(01635)3-4314
部屋数42・収容人数150名
民宿旅館 さるふつマリン
(浜鬼志別)
(01635)3-4361
部屋数10・収容人数25名
いこい家 はました
(浜鬼志別)
(01635)2-3377
部屋数12・収容人数30名
笠井旅館
(鬼志別)
(01635)2-3628
部屋数14・収容人数40名
ライダーハウスやませ
(恵山辺)
(01635)4-5010
部屋数5・収容人数25名