メニュー
トップ  >  ほたてクッキング  >  おいしく下ごしらえ

ほたてクッキング

 

   ほたてレシピ      おいしく下ごしらえ      干貝柱の秘密

 

ほたての上手なもどし方 殻のはずし方

 

 

乾燥ほたて貝柱の上手なもどし方

乾燥ほたて貝柱の注文はこちら

 

乾燥ほたてのもどし方−1   1. 貝柱をボールに移して、完全に浸るくらいの水を入れ、ラップをかけて浸し汁が蒸発しないように蒸します。
乾燥ほたてのもどし方−2 2. 貝柱の大きさにもよりますが、1時間程度が目安です。汁を味わう料理のときは若干長めに蒸し上げます。蒸す際にはお酒や薬味は必要ありません。
乾燥ほたてのもどし方−3 3. 蒸しあがりましたら、そのまま1日置いた方が浸し汁により旨味がでます。

 

 

冷凍ほたて貝柱の上手なもどし方

冷凍ほたて貝柱の注文はこちら

 

冷凍ほたてのもどし方−1   1. 先ず、出来るだけ冷たい氷水を作り、その中に食塩をひとつまみ程度入れます。
冷凍ほたてのもどし方−2 2. ほたて玉冷を出し、その中に入れます。30分位で解凍になります。
冷凍ほたてのもどし方−3 3. 引き上げたら布巾等で水気をふき取ります。

※自然解凍でもいいですが、この方がよりおいしいです。
※レンジ解凍だけはお止め下さい。
※冷凍庫で保存してください。

 

 

生ほたて貝の殻のはずし方

鮮ほたて貝の注文はこちら

 

生ほたて貝の殻のはずし方−1   1. 貝の平らなほうを下に手のひらにのせ、殻の綴じ目にナイフを差し込みます。
生ほたて貝の殻のはずし方−2 2. 下側の貝殻の底面に沿ってナイフを動かし、貝殻と貝柱を離し、殻をあけて貝殻の上下を返します。
生ほたて貝の殻のはずし方−3 3. まるごとの身を使う場合は、身をめくって、殻についた貝柱の下にナイフを入れて切り離します。
生ほたて貝の殻のはずし方−4 4. 貝柱だけを使うときは、2の状態から、ミミとウロを手でひっぱってはずします。
生ほたて貝の殻のはずし方−5 5. 貝柱と殻の間にナイフを入れて切り離します。

 

 

プリンタ用画面
前
ほたてレシピ
カテゴリートップ
ほたてクッキング
次
干貝柱の秘密
Copyright © 2005-2008 さるふつホタテ便.net