メニュー
トップ  >  ほたてクッキング  >  干貝柱の秘密

ほたてクッキング

 

   ほたてレシピ      おいしく下ごしらえ      干貝柱の秘密

 

おいしいだけじゃない 千貝柱の秘密

 

 

煮て干すことでさらに甘味が凝縮

 

ほたて貝柱を干す風景   貝柱の部分は、栄養的にはほとんどがタンパク質です。ただし、そのタンパク質のなかに、グリシンアラニングルタミン酸イノシン酸といった旨味成分がたっぷり含まれていて、いわば旨味のかたまりといってもいいほど。さらに、これを塩ゆでして天日で乾燥させることで旨味が凝縮することから、中国では生で食べるよりも、干した貝柱を食べることが多いようです。

 

 

漢方としての薬効も期待できる千貝柱

 

千貝柱の漢方としての薬効   干貝柱は単に食用のほか、古くから漢方薬としても用いられてきたようです。よく知られている薬効としては、滋養強壮効果があげられますが、特に細胞に潤いを与え血圧を下げる働きもあるといわれています。その他にも、めまいやのどの渇きなどにも効果があると言われ、さらに干貝柱の戻し汁は、子供のできものや腫れものにも効き目があるそうです。

 

 

乾燥ほたて貝柱の注文はこちら

 

プリンタ用画面
前
おいしく下ごしらえ
カテゴリートップ
ほたてクッキング
次
ほたてレシピ
Copyright © 2005-2008 さるふつホタテ便.net